Ver4.01 リリース

2015/06/21

CTESTWIN Ver4.01をリリースしました

改良点は以下です。

・DigiFestをサポート
・福岡コンテストの開催月表示を変更
・JARLコンテストの県マルチ 網走→オホーツク変更に伴い表示ピッチを広げた
・DRCG RTTYコンテストでZoneを自動入力する機能追加
・DRCG RTTYコンテストで、ログファイルを読み込んだ時に得点が正しくならない場合がある不具合を修正
・CWメッセージ(*.cw)と送信ナンバー(*.ur)の前回使用したファイルパスを記憶するようにした
・複数のTelnetを同時接続できるようにした
・Telnetに周波数オフセットの設定を追加。JA局のみを流し込む設定を追加。
・取消機能(F3キー)をCtrlキーを同時に押さないと動作しない機能を追加
・取消機能(F3キー)を他のキーに割当可能にした。(TAB、\マーク、Home、無変換)
・「設定」「各種設定」を機能別タブに分けた
・バンドマップの右クリックメニューに周波数リストと同等の機能を追加
・バンドマップ表示において、3.5,7,14,21,28MHzのQPSK,MFSKの周波数範囲をRTTY,PSKと同じにした
・メニューのサブBandmapに設定されているバンド・モードを表示するようにした
・MMTTY/MMVARIの制御文字$uにて、RST-Nr間にスペースまたはハイフンを入れる機能追加
・MMVARI,MMTTYの送受信切替にリグコントロールによるCATコマンドをサポート
・MMVARIの一番下のモードボタンにQPSK63以外割り当てできない不具合を修正
・メイン画面がフォーカスされている時にMMVARIでファンクションキーにより送信ができるようにした
・MMVARIでCQの繰り返しができるようにした
・CWのランニングモードで送出中に一部のキーしか受けつけない不具合を修正(それ以外のメッセージループも全て変更)
・CWのランニングモードで、重複局も記録する設定でも動作するようにした
・メイン画面のCWモード表示に速度(WPM)を表示する機能追加
・描画処理、Telnet処理他を高速化(ページフォールトの発生を削減、処理の簡略化等)
・メイン画面ツールチップ初期化不具合修正
・OFFLINE入力にてUTCの入力をできるようにした
・色変更をした時にメインの初期化をしないように修正

http://e.gmobb.jp/ctestwin/Download.html

de JA7WXL

6月の国内コンテスト MDファイル差し替え

2015/06/16

6月の国内コンテストのMDファイルを差し替えました。

ALL JA8コンテストのマルチ一部欠落のため、MultiCheck1506a.EXEに差替。

国内
http://e.gmobb.jp/ctestwin/ja_multi.html

de JA7WXL

6月のコンテストに対応

2015/05/24

6月のコンテストに対応しました。

国内
http://e.gmobb.jp/ctestwin/ja_multi.html

DX、RTTY
http://e.gmobb.jp/ctestwin/dx_multi.html

de JA7WXL

5月のコンテストに対応

2015/04/25

5月のコンテストに対応しました。

国内
http://e.gmobb.jp/ctestwin/ja_multi.html

DX、RTTY
http://e.gmobb.jp/ctestwin/dx_multi.html

de JA7WXL

Ver4.00 リリース

2015/04/01

CTESTWIN Ver4.00をリリースしました

改良点は以下です。

・開発環境をVisual Studio 2013に変更
 これに伴い、Windows 2000では動作しなくなりました。
・JARL電子ログ及びJARLログ印刷でコンテスト名を取得する機能追加
・ALL JA, 6m&dwon, Field day コンテスト2015年規約改定に対応(沖ノ鳥島,南鳥島を削除、Field dayで固定局間のQSOを可能にした)
・広島WASコンテストのマルチ表示で文字が重ならないように修正
・オール神奈川コンテストを県内局と県外局に分離
・All JA8(2013年特別規約)を旧ルールコンテストに移動
・オール横浜コンテストのマルチ表示ピッチ変更、開催月を7月に変更
・OK-OM SSBコンテストの開催月を4月に変更
・Russian PSKコンテストで、他のバンドでQSO済みのUA局の場合は受信ナンバーを自動入力するようにした
・大分コンテスト2015年規約改定に対応できないため非サポート。2014年以前の規約を旧ルールコンテストに移動
・CW及びRTTYの制御文字に$mを指定した時にRSTが無いコンテストでも送出できるようにした。
・IOTAコンテストのメモリ割り当て不足不具合を修正、SetPathNameをファイル作成後に変更、不正なコンテストナンバーの時にオーバーランアクセスする不具合を修正
・BARTG HF RTTY及びDRCG Long Distance Contestにおいて時刻を送出したら、データ登録もしくは取り消すまで時刻を更新しないようにした。
・録音のサウンドデバイスを選択できるようにした
・FキーによるWAV,MP3の再生をmciSendStringからmciSendCommandに変更、出力サウンドデバイスを選択できるようにした
・メニューの「設定」にサウンド入力・出力の設定を追加
・リグコントロールにFT-900,FT-991,IC-7851を追加。IC-7100,7410にCW-R指定可能にした。
・リグコントロールのリグ初期値を指定無しからRig1に変更
・ICOMリグで、03,04コマンドを受信した時にバンド/モードを変更する処理を追加(CW SkimmerとVPSEを使用して同時使用可能にした)ちらつきを防止した
・Rig2にFTDX9000が設定されていた時にVFO選択コマンドを実行できないよう修正
・Kenwood/YaesuのVFO初期値をB→Aに変更
・Rig2のCOMポートがopenできないエラーの時に無限ループに入る不具合を修正
・Ctrl+F9の設定で、An unsupported operation was attemptedが表示される不具合を修正。リグコントロール設定から設定した時に、反映されない不具合を修正
・MMVARIのサウンドカード出力のコンボボックスの表示と選択の対応が正しくない不具合(誤ってSort表示)を修正
・MMVARIのマルチ表示ダイアログを閉じた時に、各キャリア受信をdisableにした
・MMVARIにマルチモード表示機能を追加
・MMVARIでメッセージ送信を途中で停止した時に、バッファをクリアする処理追加
・CTESTWINメインダイアログを最小化した時にMMTTYも最小化するようにした
・MMTTY,MMVARIの送受信画面で、1行目が空白の場合に最大文字数に近づいても、消去が正しくできずオーバーフローする不具合を修正。
・MMTTYの送信中にコンソールを閉じるとフリーズする不具合を修正
・MMTTYで下のマニュアル送信Edit boxにフォーカスがあるときのみキーボードから送信するようにした。
・モード選択に常にPSKボタンが表示される不具合を修正
・OSバージョン表示にWindows 10追加。OS判定APIを変更
・ユーザ定義コンテストに説明を追加できるようにした
・自局WW Zone初期値を25に変更
・一部のコンテストのマルチ表示でスクロールバー表示の計算誤りを修正
・コンテスト選択ダイアログで、着色表示されている開催月を変更するボタン追加
・保存したパスを記憶するようにした
・メイン画面のQSOデータに1行毎に色付けする機能追加
・1局データ入力毎にログを保存する機能追加

http://e.gmobb.jp/ctestwin/Download.html

de JA7WXL

TOPページ前ページ次ページ

-Topics Board-Skin by Web Studio Ciel- Admin

× 閉じる